郵便はがき

圧着ハガキにはどんな内容を記載すると効果的?

圧着ハガキ

ダイレクトメールの発送方法として、従来はハガキか封書の利用が一般的でした。しかし最近はそれに加えて、新しいスタイルの圧着ハガキが登場しています。これはダイレクトメールを送る方法として、封書とハガキのメリットを合わせ持つ大変優れた広告郵便と言えます。サイズも見た目もハガキと同等なので、送料は封書より安く済みます。サイズが小さければ記載できる情報量が少なくなるものですが、折りを利用して圧着してあるため、実際には蛇腹状のサイズとしてたくさんの情報を掲載できます。
そして圧着ハガキの貼り付けられた中面は外から全く見えないため、ハガキでは記載できなかった個人的な情報も掲載が可能です。封書でなくても、個別情報を発信できることになります。そんな圧着ハガキのメリットを利用すると、どんな内容を記載したら効果的なのかが見えてきます。例えば会員様へのダイレクトメールであれば、現在のポイント数をお知らせすることも可能です。同時に利用促進に繋がるお得な情報を提供すれば、ダイレクトメールの効果が期待できるでしょう。
また上顧客への特別感がある情報として、キャンペーンやセールのお知らせをする内容もよいでしょう。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼すると迅速に製作してくれますから、掲載内容が決まったら早めに発注して準備していきましょう。

圧着ハガキはキャンペーン案内のダイレクトメール発送に最適

広告郵便としてメリットが多いと、最近よく利用されているものと言えば圧着ハガキです。二人折りや三つ折りなどのスタイルで圧着してハガキサイズになり、安い送料でたくさんの情報発信が可能です。さらに圧着面にはプレイベートな情報も掲載可能になり、上手に利用することで高い広告効果が期待できます。例えば圧着ハガキは、キャンペーン案内のダイレクトメールに最適と言えるでしょう。
目に入るハガキの表面には、簡単なキャンペーン案内の告知を掲載します。そしてキャンペーンの詳しい内容や、お得な情報は中面に記載してあることを入れておきます。興味を持たせることで、確実に開封したくなります。もちろん中面には、キャンペーン用の個別なお得情報を掲載して来店や購入を促進していきましょう。顧客情報があるお客様は既に購入や利用があった人です。
キャンペーンの告知にも興味を持ってもらえる可能性が高いので、圧着ハガキでのお知らせは最適と言えます。これからキャンペーンに向けて圧着ハガキを準備したい場合は、その作成は専門業者に依頼できます。印刷からデザイン、そして圧着まですべてトータルで製作してくれます。業者によってはあて名書きや発送まで請け負ってくれる場合もありますので、必要な場合は相談してみてください。

圧着ハガキは用途に合わせて折りのタイプが選べます

DM発送の方法として圧着ハガキを採用することにした場合、その作成は専門業者に依頼して製作してもらいます。その発注にあたって大切になってくるのは、折りのタイプをどうするのかということです。タイプとして選べるのは二つ折り、三つ折り、往復三つ折りになります。どのタイプを選ぶかは、どの程度の情報量になるのか、どんな用途で使うのか、どんな内容を掲載するのかなどで決めることになります。
情報量が少ない場合は、二つ折りタイプで充分かもしれません。逆に告知したい情報量が多い場合は、三つ折りや往復三つ折りが適しているのではないでしょうか。また圧着ハガキの機密性を利用して、個別のプライベートなお知らせやお得情報を提供することも可能です。この場合は、どの折りのタイプを選ぶと効果的な告知ができるのかをしっかり吟味して選ぶ必要があるでしょう。
まずは掲載したい情報を整理し、それぞれの折りタイプでどう展開できるのか検討してみてください。困った場合は、圧着ハガキの専門業者に相談してみてもよいでしょう。それぞれの折りタイプの事例を参考に、良いアドバイスが得られるはずです。効果的な圧着ハガキを製作して、DM効果をあげていきましょう。

更新情報

ニュース一覧