郵便はがき

圧着ハガキは折り方により印刷できる情報量が変わってきます

圧着ハガキは会社やサービス、商品をアピールするのに強力な味方です。その折り方は二つ折り、三つ折り、往復三つ折りの三種類があります。順番に紹介していきます。
まず二つ折りですが、V型圧着とも呼ばれるもので見開き一面でのアピールができます。大きく使うのも良いですが、ハガキ2枚分のスペースと考えて左右2ページで構成することもできます。次に三つ折りです。こちらはZ型とも呼ばれており、全部開くとハガキ3枚分の横幅になります。二つ折りより多くの面を使えるため、訴求力は抜群です。最後に紹介するのは往復三つ折りです。「往復L型圧着ハガキ」という名称で呼ばれることもあります。特徴は、返信が可能だという点です。往復ハガキを思い浮かべれば説明しやすいです。左右二枚繋がっている形の往復ハガキのうち、右の方が二つ折りの圧着ハガキになっています。イメージしづらい場合は二つ折りの圧着ハガキの横に、普通のハガキが一枚くっついていると考えるといいです。通信販売でよく使われるタイプですが、アンケートにもおすすめです。さて、3つのタイプの圧着ハガキを紹介しましたが、どれも作成は専門業者に依頼する方が安心です。印刷のクオリティがもちろん高く、剥がした時にうまく剥がせず破けるというトラブルも起こりにくいためです。

更新情報

ニュース一覧